5.芽取り・節磨き

この章は、切組んだ竹の芽取りと節磨き作業です。

それでは早速下の写真から、

 

布袋竹等の節の起った竹は、節磨きをします。 (矢竹・丸節等ではこの作業は有りません)

先ずは節の山頂に当たる部分を、ヤスリで軽くそぎ落とします。

その際、表面の竹の皮部分を削り落し、下の地肌が見えてきたらそこで止めて下さい。

決して削り過ぎないように!

 

更には竹の枝(芽)の出ていた部分をナイフで斜めに綺麗に削ります。 これが芽取りです。

 

 

上記作業を行う時に、竹の作業周辺部分をヤスリやナイフで傷つけないよう細心の注意を払って下さい。

慣れるまでは、節の上下部分にテープを巻き養生してから作業することを勧めます。

 

次に節の削った部分を紙やすりで磨き上げます。

 

 

写真で判ると思いますが、紙やすりはその縁で竹の他の部分を傷つけることの無い様、セロテープ等で養生したものを使用しています。

この作業、私はヤスリ#400から始め次に#600・#800・#1000と順次目の細かな物に変えながら、親指と人差指で紙やすりを挟むようにして、上下に動かしながら竹を回して、一節ごと磨いてゆきます。

この作業はいい加減にやりますと、後程胴漆を塗った時に、この節の部分に漆が大量に吸い込まれ、真っ黒になって、竿の仕上がりが汚くなります。 決して手を抜かないようにしてください。(カシューで仕上げる時はそれほど気を使わなくても大丈夫です。)

 

 

最後は上の写真の様な、殆どヤスリとしては用をなさない(ツルツルの)使い古した布ヤスリを手に握り、上から下まで何回か擦り上げます。

この様な布ヤスリが無い時は、厚手の軟らかな布か、布ヤスリの裏の布の部分を使用してください。

 

 

写真があまり上手く写っていませんが、節の磨いた部分を見てもらうと、飴色に光った竹の地肌が見えると思います。

この様になるまで磨き上げます。 これでこの工程は完了です。